ノロウイルスに関するニュース記事「吐瀉物からの大規模な空気感染」

『ノロウイルス347人発症、ホテルの残留吐物で感染か』
出典:読売新聞(2006年12月14日)

ノロウイルスの対策予防『殺菌・消毒編』の記事でもご紹介させて頂いた、近年、国内で実際に起こったノロウイルスの集団感染の事例を以下にご紹介させて頂きます。

■微量の吐瀉物の拭き残しから大規模な空気感染へ

160117_01b

この事件はとあるホテルの結婚式場にて利用客、従業員含めて300人以上もの人が感染したかなり大規模な事件なのですが、この事件の原因とされているは、集団感染が起こる10日以上前にホテルを訪れていた利用客が床のじゅうたんに嘔吐した際の拭き残しによるものでした。

清掃の際にノロウイルスに汚染された吐瀉物がついたじゅうたんへの殺菌・消毒が十分であった為、残っていた微量の吐瀉物が乾燥してウイルスがホコリ等に紛れ込み、それが人の出入りによって空気中に舞い上がっていった結果、空気中にノロウイルスが充満した空間が出来上がってしまい、空気感染によって集団的な感染事件が発生してしまうに至ったとされています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする